サスペンダーについて

HOME ≫ サスペンダーについて

サスペンダーについて

18 世紀ごろから使用されはじめ、19 世紀まではサスペンダーしかありませんでした。
今のベルトが使用されるようになったのは、20世紀に入ってからのことです。
「SUSPENDERS」はアメリカ英語の呼び方で、英国では「BRACES(ブレーシーズ)」といいます。

ズボンのシルエットがきれいにでて、足が長く見えます。
サスペンダーは、体型の変化に対応しやすくまた、屈伸等の体の動きの影響が少ないアイテムです。
ファッションにこだわる方など愛好者が多数いらっしゃいます。
パーティや会合でのお食事の時にも快適です。
腹部を締め付けることがないので、ついつい食べ過ぎても大丈夫です。
昨今では医療面でも、見直されているアイテムの1 つです。
開腹手術後や腹部に何らかの問題をお持ちの方など、通常のベルトでは腹部を圧迫してしまいます。
しかし、サスペンダーは腹部を圧迫することがないので安心して使用できます。

使用用途

関連商品はこちら

礼服

燕尾服、モーニング、タキシード等、礼服のズボンにはベルト通しがついていません。
もし付いていても、礼装の場合は、サスペンダーを用いるのが正装とされています。
礼装または正装の、正しいタキシードの着こなしは、タキシードジャケット&パンツ+立衿のシャツ+蝶ネクタイ&カマーバンド+サスペンダーです。

関連商品はこちら

ダンス

社交ダンスにおいては、ボタンで留めるタイプが最適です。
ダンス中のシルエットが綺麗にでます。
それぞれの状況に応じて色・柄などを選んで演出してください。

関連商品はこちら

医療

最近話題のメタボが気になりダイエットを始めた方
病気で痩せてしまった方
手術やストーマ(人工肛門)などの治療を受けられた方でパンツが緩くなったり、腹部にベルトの使用が出来なくなったときには、サスペンダーを試してみてはいかがですか?
腹部を圧迫しないので少しだけ快適にご使用いただけると思います。

アウトドア―

ダンス

腹部を圧迫しないので少しだけ快適にご使用いただけと思います。
キャンプや釣りなど野外で活動する時、普段と違うサスペンダーをしてみてはいかがですか。
柄や色・型を大胆に変えることで気分も変えてみませんか。

特殊なサスペンダー

セキュリティチェック(金属探知機)対応サスペンダー
このサスペンダーは金属を一切使用しておりません。

特徴
・今までわずらわしかった、空港でのセキュリティゲート(金属探知機)もスムーズに通過できます。
・アウトドアでの落雷の心配もなく、ポリカーボネイト素材のため色落ち・汗による錆の心配もありません。
・軽くて柔らかいので、お年寄りやお子様にも簡単に開閉できます。
・内側に折り曲げて着脱するため、外側の上蓋が引っ掛かって外れることがありません。
・金属アレルギーの方も安心です。

ポリカーボネイト(セキュリティチェック対応)クリップの開けかた

止め方について

クリップ式
ウエスト部分をクリップで止める方式です。
ボタン式
ウエスト部分に付けたボタンを革のループで止める方式です。
2way式
2way式は、クリップ式とボタン式どちらでもお使いいただける方式です。
(もちろんボタンも添えてあります。)

ページのトップに戻る