型の種類

HOME ≫ 型の種類



一口にサスペンダーといっても様々な種類があります。
用途や好みでお選び頂くことがほとんどですが、それぞれの型には特徴があります。

その特徴をしっかりとご理解いただいたうえ、ご使用いただくことで 、
サスペンダーを身に付けた生活をよりエンジョイすることができます。

X型

関連商品はこちら

後ろで交差し、前2 点、後2 点で留めるタイプ。
左右対称の安定した形状のため、ズボンの折り目部分のラインがきれいに出ます。
体型に合わせて背中の金具の位置が変えられます。
一般的なタイプで、フォーマル・カジュアル・アウトドアなど、どんな場面でもご使用いただけます。

Y型

関連商品はこちら

後ろ1 点、前2 点の3 点で留めるタイプ
背中の部分が1本のラインになるのですっきりとした、ファッション性の高いサスペンダーです。
ベルト通し部分でのクリップ留めを避けたい方は、ダブルクリップタイプや2WAYタイプ又はボタン吊型をお使いください。
フォーマル・カジュアル・アウトドアなど、どんな場面でもご使用いただけるとともに、よりクラシックで紳士的なファッションも演出できます。

H 型

関連商品はこちら

X型と同じ前2 点、後2 点で留めるタイプ
X型は金具を使い背中で交差させるのですが、H型は皮革のパーツを4 ヶ所で縫製し、それぞれが可動する仕組みになっておりますので、より体にフィットします。
フォーマル・カジュアル・アウトドアなど、どんな場面でもご使用いただけます。

サイド吊り型

関連商品はこちら

体のサイド2 点で留めるタイプ
バンド全体で重さを散らす構造なので軽く感じ、肩からずれ落ちにくいタイプです。
また、2 点留めなので、ズボンを下げるときなど、クリップを外すだけで着脱が簡単に出来ます。
社交ダンスのときに、体の前面に金具類が位置しないため、パートナーの衣装に引っかかるなどの、事故を避けられます。
ストーマ(人口肛門)ご使用の方のストーマケアや妊娠中の方やその他、身体的なご都合で、ベルトの使用が不自由な方に最適です。

 

サイド吊り型

前2 点、後1点の3ヶ所をそれぞれ2ヶのボタンでつるす、伝統的なタイプです。
パンツのシルエットがきれいに出て、見た目のデザインがお洒落で付け心地抜群です。

ページのトップに戻る